商標ペラサイトと一般ペラサイト

ペラサイト

商標ペラサイトVS一般ペラサイト!初心者にお勧めなのはどっち?

記事の内容

この記事では、アフィリエイト初心者には商標ペラサイトと一般ペラサイトのどちらがおすすめなのかを紹介しています。

それぞれの特徴について説明しながら、どのように取り組めば報酬が加速するのかも解説しています。

 

初心者には商標ペラと一般ペラのどちらがおすすめ?

まず簡単にそれぞれの違いを説明しておきます。

商標ペラサイトとは、商標キーワードで検索する人のためにサイトを作ります。

商標キーワードとは「ネスカフェ 販売店」、「iphone 最安値」のように「商品名 ○○」といったキーワードのことです。

 

一般ペラサイトは、一般キーワードで検索する人のためにサイトを作ります。

一般キーワードとは「ニキビ 治し方」、「ダイエット 成功法」といった商標キーワード以外のキーワードのことです。

 

ポイント

  • 商標ペラサイト・・・商標キーワードを狙う
  • 一般ペラサイト・・・一般キーワードを狙う

 

結論から言うと、アフィリエイト初心者に向いているのは商標ペラサイトです。

理由のまえに、まずはそれぞれの特徴を簡単にまとめました。

 

商標ペラ一般ペラ
ライバル多い少ない
売れやすさ売れやすい売れにくい
資産性低い高い

 

まず商標ペラサイトと一般ペラサイトでは商標ペラサイトの方がライバルが多い傾向にあります。

理由の一つとして、一般ペラサイトよりも商標ペラサイトの方が売れやすいからです。

 

なぜ商標ペラサイトの方が売れやすいんですか?

 

これは商標キーワードの方が一般キーワードよりも購買までの距離が近いからです。

 

購買までの距離?

 

例えば人が物を購入するときには次のような流れになります。

購入するまでの流れ

①あることに悩む。

②悩みを解決する方法を探す。

③○○という商品で解決できる可能性があることを知る。

④○○という商品が気になり調べる。

⑤○○という商品への関心が高まり購入する。

 

一般キーワードで扱うのは悩みの③番目になるので、③④⑤というステップをクリアしなければいけません。

これに対して商標キーワードの場合は、④番目の人がターゲットとなるので④⑤のステップをクリアすれば良いということです。

 

このように、商品購入までの道のりが商標キーワードの方が短いので売れやすいという特徴があります。

 

けど、ライバルが多いんですよね?

たしかに商標の方がライバルが多い傾向にありますが、正しいキーワード選定をすればライバル不在のキーワードはたくさん見つかります。

 

一般キーワードはライバルは少ないですが、売れる穴場キーワードを見つけるのが商標よりも難易度が高いです。

そのため、アフィリエイト初心者は商標ペラサイトから入った方が稼ぎやすいです。

 

資産性が商標ペラサイトの方が低いとはどういうことですか?

これは商標キーワードの悲しい定めなのですが、いくら上位表示されてたくさん商品が売れていても、案件がなくなれば使いまわしができなくなります。

 

どういうことですか?

まず案件がなくなるとは、広告主がアフィリエイト広告をやめてしまって商品を紹介できなくなることです。

 

そして商標キーワードは「商品名 ○○」で上位表示させているので、この商品の案件が終わってしまうと、その時点でこのサイトは寿命を迎えます。

 

これに対して一般キーワードの場合は、「ニキビ 改善」のようなキーワードで上位表示しているので、ある商品の案件が終わっても他の商品を紹介することで収入を確保できます。

 

ただ、商標ペラサイトは全てが短命なのかというとそうではありません。

実際私が持っている複数の商標ペラサイトは約2年にわたり売れ続けています。

 

つまり、商標ペラサイトは商品の当たり外れによって資産性が左右される可能性があります。

 

総合的には商標ペラサイトの方が良いってことですか?

 

いえ、そうではありません。

初心者には商標ペラサイトがおすすめですが、一般キーワードを組み合わせることで報酬は加速します.

 

さきほど購入までの流れは次のようになるとお伝えしました。

購入するまでの流れ

①あることに悩む。

②悩みを解決する方法を探す。

③○○という商品で解決できる可能性があることを知る。

④○○という商品が気になり調べる。

⑤○○という商品への関心が高まり購入する。

 

おすすめの流れとしては、まずは購買までの距離が近い商標ペラサイトを経験して④⑤のステップをクリアできるスキルを身に着けます。

 

そして次に、購買までの距離が長い一般ペラサイトを経験して③の段階の人を狙います。

 

商標ペラサイトで④⑤をクリアするスキルは身についているので、③から④のステップをクリアできれば、③④⑤とスムーズに繋がります。

逆に④⑤のステップをクリアするスキルがつく前に③を狙うと、③から④はうまくいっても④から⑤がうまくいかず商品が売れなくなる場合があります。

 

このことからもまずは商標ペラサイトをやった方が良いです。

 

そして商標ペラだけだと④のターゲットしか狙えませんが、一般ペラもすることで③のターゲットも狙えるようになるのでターゲットの幅が広がります。

 

このように、商標ペラサイトと一般ペラサイトはどちらが良いと言うわけではなく、両方上手く使うことで報酬が加速します。

 

まとめ

今回は商標ペラサイトと一般ペラサイトの特徴を説明しながら、初心者であれば商標ペラサイトをした方がよい理由を解説してきました。

ただ先ほどお伝えしたように、商標ペラサイトと一般ペラサイトはどちらが良いというわけではありません。

 

段階的に両方を経験してうまく組み合わせることによって、報酬は加速していきます。

そのためにも基礎となる商標ペラサイトをしっかりと経験して土台を固めておきましょう!


-ペラサイト

Copyright© タケラボ , 2020 All Rights Reserved.